ダメージの原因は

髪はなぜ傷むの?

tk_0985s2

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

 

髪は皮膚と違い、一度うけたダメージをもとに戻すことは不可能です。

皮膚であれば、たとえ傷ついたとしても、日にちがたてば傷はふさがり、皮膚表面も、もとに戻ります。

しかし髪の毛は、頭皮から出てきた時点で細胞分裂を止め、一度傷ついた部分は基本的にずっと傷ついたままです。

日々のシャンプーや、ブラッシング、紫外線や外的ストレスなど、ささいなことでも、少しずつダメージは蓄積されていきます。

ダメージの原因となる中でも、カラーやパーマの化学的ダメージは比較的大きなダメージをうける原因となります。

カラーでいうと、基本的に明るくするときにダメージが大きくなりやすいです。特にカラーで暗く染めている状態を明るくするときは、それなりのダメージを覚悟する必要があります。

カラーを長く続けるには、なるべく伸びてきた根元を毛先に馴染むように染め(リタッチ)、毛先はそのまま(前回染めて褪色した状態)にするか、明るくしないで色味を補充する程度にすると良いでしょう。

 

パーマのダメージは一概に言えませんが、やはりウェーブを強くだそうとした場合のほうがダメージしやすいと言えるでしょう。

パーマは、デジタルパーマ、エアウェーブ、クリープパーマ、◯◯パーマなど名称だけでいうと、多種多様に溢れています。

こちらも一概にどのパーマがダメージしにくいとは言えない部分があります。

どのパーマにするかは、希望のスタイル、髪質、かける前のダメージ状態など、複合的に判断する必要があります。

またパーマの名称は色々ありますが、大きく分けると

 

普通のパーマ(いわゆる昔からあるパーマ、ソーラーなどで加温する場合もここに当てはまります。スチームを使う場合も!)

乾熱パーマ(デジタルパーマ!最近あまり無いですが、コテパー!)

湿熱パーマ(エアウェーブ、クリープパーマ!ここもスチーム使うかも!)

ストレートパーマ(縮毛矯正も!)

に大体あてはまると思います。

何が違うのか?はまた別の機会にふれるとして、複雑すぎてどのパーマが良いのか素人には判断が難しいです。

自分の髪の状態を良く知っている信頼のおける美容師さんに相談するのが良いでしょう。

 

 

ダメージは大体の場合キューティクルが損傷し、次にそこから髪の内部の栄養分が流出したり、カラー剤やパーマ剤で内部の栄養分が破壊されることで、徐々に傷んでいきます。

最初に説明した通り、一度ダメージを受けた髪はもとに戻ることはないので、よりしっかりしたヘアケアが必要になります。

何より、なるべくダメージを抑えることが重要になってきますので、安易に自分でカラーをしてしまったり、髪が濡れたまま寝てしまうなどの、気をつければ防げるダメージは極力しないようにしていきましょう✨

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中