『ヘアビューザー』の真実⁉

使うほどに髪潤う

こんにちは!「二子玉川の大人気美容師でいこう」岡良明です。
あいかわらず人気ありますね!「ヘアビューザー」

画像は最新機種の「ヘアレプロナイザー3DPlus」です。

お客様からもよく聞きます。「なんか友達が良いって言ってたから買ってみた」「なんか良いと思うよ」って(うちで買うんじゃないんだ)

『ヘアビューザーの真実』完全につりタイトルなのですが、結論から言うと正直僕には良いか悪いかわかりません。でもちょっと「どうなのかな?」って疑問に思っている方は読み進めてみてください。

僕はどちらかと言うと「傷まないわけないよな」って思っているほうです。
ネットの評価では良い評価が大半で、結構美容師さんもおすすめしています。

しかしたいていの美容師さんは半信半疑の中おすすめしているような気がします。(あくまで僕の想像ですが)

毛髪理論をしっかり勉強している理系の美容師さんであればあるほど「ヘアビューザー」が謳っている効果に疑問を持つのでは無いでしょうか。
ではまずは『バイオプログラミング』からいきましょうか

「独自技術のバイオプログラミングによって、髪のタンパク質の水和構造を堅固にすることで、熱によるダメージから髪を守ります。」

独自技術と謳っていますが、『バイオプログラミング』は特許をとっている訳ではないようです。®がついているので、商標登録はしているみたいですが。

ちなみに特許は公開前のものでないととれないはずなので、すでに発売してしまっている「ヘアビューザー」では特許は今後もとれないと思われます。(むしろ元々特許をとれるものでは‥‥)

「タンパク質の水和構造を堅固にする」僕の勉強不足なのでしょうが、言っている意味が理解できません。なんとなく良さそうなこと言っているなって感じです。

メーカーとしてはもう少しこの商品の売りである『バイオプログラミング』の説明を分かりやすくしてほしいものです。なんか小難しいこと並べてごまかされている感じです。
次に『使うほどに髪潤う』です

えっ。そんなわけないですよね⁉ドライヤーとは髪を乾かすのに使うものですよね。「ヘアビューザー」も髪を乾かす時に使うと思います。

乾かす=潤う

ありますかね、そんなこと⁉

「高度な技術によってこれまで以上に使うほどに髪が潤い艶やかになるという、従来の常識では未体験の世界をご体感いただけます。」

またか⁉

なんでそうなるのかを教えてほしいのに。高度な技術って‥‥

美容師に理論的な説明をしても意味ないって思っているんでしょうか?この辺りの情報量は美容師さんも一般人もオープンにされている情報は大差ありません。美容師さんがリュミエリーナさんにしっかり説明をしているというようなことはありません。

最後に販売元である『リュミエリーナ』について

「リュミエリーナ社はその基礎理論と技術を最先端5事業部門に応用する企業」ということで、水関連事業、医療機器創薬関連事業、美容事業、農業関連事業、エネルギー関連事業に携わっているみたいです。幅広く事業を展開していますね!

しかしよくリュミエリーナのホームページを見てみると、実際に商品化、実用化されているのは、

美容事業のヘアビューザーやヘアビューロン、レプロナイザーにシャンプー、トリートメントなどが主です。

農業関連事業では泡盛の実績があるようですが‥‥

水関連事業では理水事業としてリュミエリーナ社の基幹事業中の重要な一部門となっているようですが、こちらを利用した商品も美容事業に使われているようで、いわば言ってしまえばこれはもうほぼ美容メーカーなのではないでしょうか。

ちなみに理水の説明をみると、

「理水はリュミエリーナ社が開発した生命力情報を増大させる水。水のエネルギー力や情報密度でタンパク質と水和水のネットワークを理想的に構築、美や健康の生命情報を発信させます。」

生命力情報、水のエネルギー力、情報密度???

なんかありそうな言葉ですが、聞きなれない言葉ですね。普通に怪しいです。
もうなんか僕はこの会社信用できません。

決定的な否定する根拠があるわけではありませんが、僕はやっぱりこの会社おすすめできませんね。

現段階では!

今後テクノロジーや説明責任をしっかりはたしてくれるなら、ちゃんと商品を理解しておすすめできるようになればわからないですが、現段階ではおすすめしないことにします。
以前別サイトで「美容師さんはメーカーからキックバックをもらっているのでは?」「一台売るごとに一万円もらっているのでは」とか言っているのを見かけましたが、そんなことはありえません。明確に否定します!

普通に商品を仕入れて販売しているだけです。

むしろ猛烈に「ヘアビューザー」をプッシュしてくる美容師さんは、本当に良い商品だと思いおすすめしているのだと思います。

なんとなく良さそうと思うのは美容師さんも同じなのです。

最近の商品はマーケティングがうまく言っているメーカーの商品がよく売れているような感じがします。

売り出し方が上手なんですね。まぁこれも企業努力ですが。

しかしマーケティングも重要ですが、大事なお客様におすすめする商品なので、メーカーには美容師さんが心から自信を持っておすすめできる本当に良いモノを作ってほしいですね!

広告

『macaron』なるものに掲載されました!

ヘアまとめサイト『macaron』

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。
おそれながらわたくし岡良明のヘアスタイルが、ヘアまとめサイトの『macaron』に掲載されました!

是非チェックしてみてください✨

↓↓↓

目指せ!ふんわりモテ女子♥SPICE AVEDA salon&spa玉川店の岡良明さんのゆるふわヘアスタイル特集♥

instagramで更にヘアスタイルをチェックできます✨

↓↓↓

岡良明のinstagram

macaronのヘア検索サイトサロンリスト

ストレスは髪に影響する!

ストレスを感じたときの髪への影響は?

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。
ストレスが白髪や抜け毛の原因になることは十分できるに考えられます。

ストレスは体の弱い部分に影響を与えると言われています。

白髪や抜け毛、円形脱毛症といった症状がでることが考えられます。

ストレスには自覚があるものと、ないものがありますので、もし自覚できるようでしたら解消できるよう努めましょう。

ストレス解消に効果的な“ヘッドスパ”がおすすめです。

ストレスが引き起こす悪影響には血行不良などがあるので、リラックス効果も期待できるヘッドスパで血行を良くしるのが良いと思います✨

アウトバストリートメント⁉

アウトバストリートメントをすれば、インバストリートメントはしなくていい⁉

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。
アウトバストリートメント=お風呂の外でつけるトリートメント(洗い流さないトリートメント)つけたまま乾かしていくので、表面補修&表面保護に優れています❗

インバストリートメント=お風呂の中でつけるトリートメント(洗い流すトリートメント)しっかり濡れているときに使用するので、内部まで浸透しやすく、内部補修に優れています❗
どんなにダメージのない髪であっても、ドライヤーの熱から髪を守るアウトバストリートメントは普段のヘアケアに取り入れて頂きたいものです。

インバストリートメント、アウトバストリートメント両方を使用した場合のほうが、髪の水分、油分バランスが整い、より理想的な状態に導かれます。
アウトバストリートメントには、さまざまなテクスチァーの製品があり、目的や使用感、仕上がりなどが異なります。

オイルタイプは髪をコーティングする効果が高く、つけるだけでツヤ髪になれるので、おすすめのアイテムです。

オイルタイプだけをとっても、色々なタイプがあり、仕上がりも異なってきますが、比較的まとまりやすくなるけど軽い質感というものが多く、髪質を問わず使用できるものが多です。

ミルクタイプはしっとり仕上がり、毛先が自然にまとまります。まとまる効果が高いためスタイリング剤としてつかってもよいと思います。
ミストタイプは軽い質感に仕上がり、寝癖直しなどにも使えて便利です。
カラーやパーマをした髪には過保護なくらいケアをして、トリートメントを使用する際はつけすぎに気をつけ、毛先中心につけるよう心掛けましょう✨

美容院をよく変える人は、損をする

美容院を変えるのは歯医者を変えるのと一緒

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

たいていの美容院は初めてご来店されるお客様にたいして、初回特典割引などがあります。

初回来店のハードルを下げるのに良いサービスだと思いますが、この初回割引だけを目当てに、どんどん美容院を変えている人は、明らかに値段以上の損をしています。

仮にとても腕のいい美容師が担当してくれたとしても、たった1回担当しただけでは思いどおりになるとは限りません。

それはなぜか?

今のあなたの髪には、前の美容師の痕跡が残っているからです。

これはカットに限らず、パーマ、カラーもそうです。

前のカットなどの痕跡が消えるまでに、半年~一年かかることもあります。

1回限りで美容院を変えている人は、毎回歯医者を変えて治療しているのと同じことです。

方針の違う先生をはしごすればするほど、削らなくてもいい歯を削ったり、治療に二度手間が生まれたりします。

美容院も一緒です。

少なくとも2~3回は同じ美容師に通うつもりで話をしてみてくださいね✨

ダメージの原因は

髪はなぜ傷むの?

tk_0985s2

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

 

髪は皮膚と違い、一度うけたダメージをもとに戻すことは不可能です。

皮膚であれば、たとえ傷ついたとしても、日にちがたてば傷はふさがり、皮膚表面も、もとに戻ります。

しかし髪の毛は、頭皮から出てきた時点で細胞分裂を止め、一度傷ついた部分は基本的にずっと傷ついたままです。

日々のシャンプーや、ブラッシング、紫外線や外的ストレスなど、ささいなことでも、少しずつダメージは蓄積されていきます。

ダメージの原因となる中でも、カラーやパーマの化学的ダメージは比較的大きなダメージをうける原因となります。

カラーでいうと、基本的に明るくするときにダメージが大きくなりやすいです。特にカラーで暗く染めている状態を明るくするときは、それなりのダメージを覚悟する必要があります。

カラーを長く続けるには、なるべく伸びてきた根元を毛先に馴染むように染め(リタッチ)、毛先はそのまま(前回染めて褪色した状態)にするか、明るくしないで色味を補充する程度にすると良いでしょう。

 

パーマのダメージは一概に言えませんが、やはりウェーブを強くだそうとした場合のほうがダメージしやすいと言えるでしょう。

パーマは、デジタルパーマ、エアウェーブ、クリープパーマ、◯◯パーマなど名称だけでいうと、多種多様に溢れています。

こちらも一概にどのパーマがダメージしにくいとは言えない部分があります。

どのパーマにするかは、希望のスタイル、髪質、かける前のダメージ状態など、複合的に判断する必要があります。

またパーマの名称は色々ありますが、大きく分けると

 

普通のパーマ(いわゆる昔からあるパーマ、ソーラーなどで加温する場合もここに当てはまります。スチームを使う場合も!)

乾熱パーマ(デジタルパーマ!最近あまり無いですが、コテパー!)

湿熱パーマ(エアウェーブ、クリープパーマ!ここもスチーム使うかも!)

ストレートパーマ(縮毛矯正も!)

に大体あてはまると思います。

何が違うのか?はまた別の機会にふれるとして、複雑すぎてどのパーマが良いのか素人には判断が難しいです。

自分の髪の状態を良く知っている信頼のおける美容師さんに相談するのが良いでしょう。

 

 

ダメージは大体の場合キューティクルが損傷し、次にそこから髪の内部の栄養分が流出したり、カラー剤やパーマ剤で内部の栄養分が破壊されることで、徐々に傷んでいきます。

最初に説明した通り、一度ダメージを受けた髪はもとに戻ることはないので、よりしっかりしたヘアケアが必要になります。

何より、なるべくダメージを抑えることが重要になってきますので、安易に自分でカラーをしてしまったり、髪が濡れたまま寝てしまうなどの、気をつければ防げるダメージは極力しないようにしていきましょう✨

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンだと髪に良い⁉

oka1644s

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

 

一時期ノンシリコンシャンプーが流行り、「ノンシリコン=髪に良い」という図式が世間では広まりました。

しかしシリコンの有無だけでは良いシャンプーであるかどうかの見極めは難しく、一概に「ノンシリコン=髪に良い」ということはありません❗

もっと言ってしまえば、使う目的によっては個人個人何が良いシャンプーなのかはというところも変わってきてしまいます。

 

シリコンは比較的、安全性の高い成分だと言われており、その目的は髪の表面をコーティングし、質感を滑らかにするもので、シャンプーをすすぐときに引っ掛かって髪がダメージを受けないようにするために配合されています。

安価な洗浄力の高い洗浄成分を使用すると、きしみがでるので、シリコンが多量に入っていると言われています。

「安価=悪い」から「シリコン=悪い」になったのだと考えられます。

実際、ヘアサロンで販売しているシャンプーにも、ほとんどの場合シリコンは配合されていると思います。

ただし洗浄成分の違いでシリコンの配合量は少ないと考えられます。

必要以上にシリコンが毛髪に蓄積すると、パーマがかかりづらくなったり、カラーが染まりづらくなったりすることがあるので注意が必要です。

しかしこの現象はシリコンに限ったことではありません。天然のオイルが配合されていたとしても、同じことが言えます。

 

つまり、シリコンの有無では良い悪いは判断できないということです。

シャンプーを選ぶ際は髪の状態、どういった悩みを改善したいのか総合的に考えていく必要がありますので、是非信頼のおける美容師さんにご相談することをおすすめします❗

どうしても自分自身で選びたいかたは、ノンシリコンということだけを売りにしているシャンプーはおすすめできません。

なぜノンシリコンなのかという理由が大切だと思います✨