撮影は楽しい⁉

「撮影したい!」

image

instagram

最近入社した新人社員に言われた言葉です。

「私、撮影をしたいんです!」

聞いた時は、普通に偉いなって思いましたよ。

なぜなら自分のなかでは、撮影が“したい”ものから、“しなくてはならないもの”になってきていましたからね。

やっぱり、美容師にとって自分の作品をつくる『撮影』というものは、好きだからこそするものですよね。

実際今の美容業界では、撮影スキルって本当に重要で必要なものになってきていますし、それで結果だしている人は、やっぱり“撮影することが好き”なんだと思います。

自分自身は撮影が結果に結びついているとは言えませんが、作品撮りは続けていきます。

好きなので

今年に入って撮影した作品たちは、いわゆるHPBなどの集客サイトにはアップしてないです。(いずれアップしようとは思いますが)

Instagramやブログなどのsnsにアップしています。

そんなに意図して実行したことではないのですが、集客目的ということを切り離して撮影に望むことで、撮影を“したくて”しているのだと再確認出来ました。

集客目的に撮影することを否定しているわけではないですし、実際そういう撮影も必要だと思います。(僕も今後していくと思います)

でも、集客サイトにアップする目的だけで、撮影することが“しなくてはならないもの”になっている美容師さんには試してもらいたい方法です。

image

先日の撮影は本当に楽しい時間でした。

モデルの七瀬さん、カメラマンの西中さんありがとうございました!

好きなこと、楽しくてやっていることで“結果”がついてくると最高ですよね✨

広告

トリートメント、コンディショナーは毛先に❗

頭皮にはつけないで❗

 

s140819_483

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

 

トリートメントやコンディショナーは、基本的には髪のコンディションを整えていくものです。

 

ダメージが気になる毛先のほうになじませ、しっかり流していきましょう。

 

少し残しぎみに流すという人もいますが、ぬめりが残っていると髪が重たくなったり、根元がつぶれて毛先が動かなかったりしてスタイルが決まりません。

 

頭皮に流し残しがあると、炎症をおこす原因になったりするのでしっかり流しましょう。

 

ポイントは

毛先にしっかり着けたトリートメントやコンディショナーを、なじませながら中間のほうにも伸ばしていくことです。

 

 

また、使用量は多ければよいということもありません。

 

髪が吸収できる成分の量には限界がありますので、たっぷり着けても吸収されない部分は無駄になってしまいます。

 

効果的にトリートメントをしたい!という時は、シャワーキャップやホットタオルで頭をくるんだり、流す前に少量のお湯をかけてなじませたりすると、より浸透しやすくなります。

 

あまり色々やってトリートメントをすることが、面倒にならないようにしましょう。

 

たまにしっかりトリートメントするよりも、日々続けてトリートメントをしていくほうが大切です✨

 

リンス、コンディショナー、トリートメント

リンス、コンディショナー、トリートメントの違いは?

oka_134s.jpg

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

 

髪の表面を油分でコーティングし、シャンプー後のきしみを防いで、手触りを良くするのがリンスとコンディショナーです。

 

トリートメントにも同様の効果がありますが、更に毛髪内部まで補修成分が浸透するので、髪のダメージに効果的です。

 

メーカーによって定義が違うこともあり、ラインナップにシャンプーとトリートメントしかないということもあります。

 

シャンプー、コンディショナー、トリートメントのラインナップがあるシリーズであれば、コンディショナーをデイリーケアとして使い、スペシャルケアとしてトリートメントを使うようにするとよいでしょう。

 

基本的にはトリートメントを使用する場合はコンディショナーはしなくてよいと思います。

 

髪のダメージや髪質、どのような悩みがあるかで、なにを使えばいいのかが決まるので、いつも担当している美容師さんに相談するのが一番だと思います✨

 

 

シャンプーのポイント

髪の成長の為にはゴールデンタイムが大切

IMG_0103

instagram

 

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

 

髪の成長を促すのはお肌と同じく22時~2時の「ゴールデンタイム」と言われています。

 

育毛の為には夜シャンプーして一日の汚れを洗い流し、清潔な状態で寝るのが良いでしょう。

 

洗い過ぎることも注意しましょう。夜と朝と二回シャンプーすることによって、必要な皮脂まで取りすぎてしまうということもあります。

 

 

朝はシャンプー剤を使わず、ぬるま湯でサッと流す程度にしておきましょう。

 

また、お湯の温度にも注意しましょう。

 

熱いお湯だとお肌と同様に乾燥しやすくなりますので、

 

ぬるめのお湯でやさしく

 

流すようにを心がけ、お湯の温度は38~40度くらいにしましょう。

 

シャンプー剤を選ぶときは、プロの意見を聞くことを一番におすすめしますが、自分で選ぶ場合は、ダメージの大小にプラスして、あなた自身のお悩みにあわせて選ぶと良いです。

 

ダメージ用、ドライヘア用、カラーヘア用、パーマヘア用、クセ毛用、頭皮ケア用と色々ありますが、一番のお悩みにあわせて選ぶのがポイントです。

 

また毎日使うものなので、香りなども好みのものを使うことで、気分も良くなると思います✨

シャンプーの基本

頭皮を洗う

_20141126_125707

instagram

 

毎日シャンプーしてるのに、髪がベタついてしまう。

 

頭皮は人の体の中でも皮脂の分泌量が多い場所です。

 

しっかり洗い流さないと、酸化し雑菌の繁殖を招くことになります。

 

また髪が濡れた状態でずっと放置していると、雑菌が繁殖しやすく頭皮にとってあまり良くありません。

 

しっかりタオルドライし、すぐにドライヤーで乾かしましょう。

 

朝シャンプーをするという人もいますが、健康な髪を育てるにも皮脂や汚れは就寝前にしっかり洗い流し、清潔な状態を整えましょう。

 

ポイントはシャンプーする前に、しっかりお湯で予洗いをすることです。

 

予洗いをしっかりした後にシャンプーをすれば、汚れは一回で充分に落とすことができます。

 

ハードなスタイリング剤などをたくさんつけている場合は、一度軽く泡立てしっかり流してから、もう一度シャンプーする二度洗いもおすすめです。

 

しかし、過剰に洗い過ぎることも頭皮にとってあまり良いとは言えません。

 

洗い過ぎると頭皮は乾燥しやすくなったり、逆に皮脂を過剰に分泌するようになるおそれがあるので気をつけましょう。

 

基本は予洗いしっかり、泡立てしっかり、一度シャンプー、流しもしっかり、汚れがひどいときは二度洗い、トリートメントやコンディショナーは毛先につける。

 

健康な頭皮環境をつくるには、効果的なシャンプーをすることが大切です!

 

 

 

気になる抜け毛

ヘアサイクルを知る

image

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

「シャンプーのとき抜け毛が気になって、憂鬱」

シャンプーのとき、絡まっていた抜け毛や、スタイリング剤によりくっついていた毛などが一度に抜けたように感じることがあります。

一般的に正常な状態でも、1日に約60~100本程度が毎日抜け落ちると言われています。

毛髪は約10万本はえており、100本抜けたとしても、見た目に変わることはありません。

髪は1日に0.3mm~0.5mm、1ヶ月で約1.2cm、一年で約15cmほど伸びます。

しかし髪は永遠に伸び続けるのではなく、一定の期間を経て自然と抜け落ち、抜け落ちたところから再度はえてくるということを繰り返しています。

この毛髪の周期のことを「ヘアサイクル」と呼びます。

ヘアサイクルは

毛髪がはえて伸びて太くなる
成長期(4~6年)

成長が止まる
退行期(2~3週間)

毛根の位置が浅くなり抜けやすくなる
休止期(数ヵ月)

があり、成長期が短くなると短く細い抜け毛が多くなり、こうなると薄毛になりかけているサインと言えます。

季節により抜け毛の量も変化すると言われており、よほどの本数が抜けていない限り、それほど心配することはありません。

正しいシャンプーをすることで、汚れを取り除き、清潔な状態の頭皮環境をつくり、さらに頭皮の血行を促し、健康な毛髪がはえてくる状態を手に入れましょう✨

ヘアケアはシャンプーから

髪は女のいのち

image

instagram

こんにちは!二子玉川の「大人気美容師でいこう」岡良明です。

髪は、女性の美しさを左右する重要なパーツです。

「肌のお手入れは洗顔から」

のように

「髪のお手入れはシャンプーから」

が基本になります!

シャンプーには正しいシャンプーのやり方というものがあります。

間違いやすいのは髪を洗うことが目的になること。

正しいシャンプーとは髪はもちろん、頭皮もきれいにしていくことが目的になります。

これからはえてくる髪の為にも、頭皮ケアが重要です!

このサイトでは髪のお手入れ方法にお悩みの方に向け、ヘアケアを中心に書いていきます。

たまに脱線しますが、よろしくお願いします!